« 2003年11月 | トップページ | 2004年2月 »

2003年12月

2003年12月30日 (火)

出会いと別れのコンサート

12月11日、ハーモニーホールにてザ・室内バンド・コンサートを無事終えたのだが、この日は私にとって生涯忘れられない日となった。

なぜホールを借りてライブをやったかというと、この日しかメンバーのスケジュールが合わなかったうえ、最初にやったライブハウスがNGであったからである。

当初いろんな意見があったが、私の「何となく12月前半にやりたい」という気持ちで独断で決めた。

決めた以上は借りたホールでしか出来ないことをやろうと考え、前から私が付き合いのある日本アビリティーズ協会の協力を得て高齢者、障害者の方々に声をかけてもらい招待させてもらった。

しかし、あいにくの悪天候で付添の人も含めて当初30人来てもらう予定だったが20人くらいしか来られなかった。

一般のお客さんには申し訳なかったのだが、このような理由で最前列と2列目はその方々に開放させてもらった。

日頃、ライブハウスにはなかなか来られない車椅子の方や付添を必要とする人達に聴きに来てもらえて、私の独断も報われた。

更に、やるならクリスマス後に、という意見も多かったのだが11日に強行?したことで私の父にも聴いてもらえた。
実は、この日の10日後、12月21日に父は逝ってしまったのだ。

父とはこの日顔を合わせたのが最後であり、コンサートの感想を聞くことはもうできない。

2003年12月11日は高齢者、障害者の人達との出会い、父との別れのコンサートになった。

親父に会いに行きたかった

12/11(木) ハーモニーホールに午後1時半に入る。コンサート終了後、新宿に出て打上げ。夜中に帰宅。

12/12(金) 横須賀プリンスホテルのラウンジに出演、終了後そのまま翌日の出演場所である帝国ホテルに入り宿泊。

12/13(土) 早朝から何と夜のステージのリハーサル。本番までの間、一旦自宅に戻り野暮用をかたしてホテルにもどる。コンサート終了後帰宅。

12/14(日) 鴨川グランドホテルのパーティーに出演のためドラマーの車で午後東京出発。演奏終了後は軽く打上がり同ホテルに宿泊。

12/15(月) 二日酔いになることもなく健康的に朝食を食べて午前中に鴨川を出発。午後には東京に戻り、そのままボーカルレッスンの伴奏へ突入。

12/16(火) 翌日の札幌パークホテル出演のため午後、羽田空港に向かう。夕食は同ホテルにて夜景を眺めながら鉄板焼きを食べた。その後、ライティングされた大通公園を見ようとタクシーで向かったが着いたとたんにライトが消えてしまった。

12/17(水) 札幌パークホテル、小林桂ディナーショウ無事終了。

12/18(木) メンバーとは一足遅れで一旦東京に向かう。渋滞の中、羽田から東京駅にやっとたどり着く。
翌日の神戸メリケンパークオリエンタルホテル出演のため新幹線で神戸に向かう。ホテル到着後、桂と二人で元町駅前の居酒屋に行く。(その居酒屋は桂が17才の時に一緒に録音した甲南高校のバンドの友達が働いている)

12/19(金) 神戸メリケンパークオリエンタルホテル、小林桂&小林洋ディナーショウ無事終了。

12/20(土) 全国的に雪が降っているらしく新幹線もやばそうなので一足先に東京に戻る。一旦自宅に戻り、着替えて六本木ロアビルに向かう。パーティーに出演、終了後帰宅。
翌日12/21(日)こそ、親父に会いに行こうと思いつつ就寝。
(実はこの夜、親父は「明日は洋が来るんじゃないかな」といって床についたそうだ)

12/21(日) 午前、兄より病院から電話があり「親父が倒れた」とのこと。駆けつけたが意識はなかった。

2003年12月 8日 (月)

ハーモニーホールの演奏曲順メニュー完成!

いやー終わった、終わった、パズルのような曲順決めが今(12/8月曜23:23現在)やっと完成した。
もはや私の頭の中は12/11のハーモニーホールのステージの上だ。曲をアレンジするのも面倒だが曲順を決めるのも面倒な作業だ。いや、いかん!こんな事を言ったらお客さんに失礼だぞ!
さぁ~ビールを飲むぞ。宿題が終わった開放感に浸るオヤジであった。と日記には書いておこう。

« 2003年11月 | トップページ | 2004年2月 »