« マスク(2/27改訂) | トップページ | 御当地?外国ジャズ・ミュージシャン »

2005年3月 1日 (火)

19歳の天才ピアニスト

先週末(2/26)SWING CITY に天才ピアニスト、松永貴志君が遊びに来た。前回彼と会ったのは確か2年ほど前だと思うが相変わらずノビノビしていた。
なんでも1ヶ月ほどヨーロッパを旅してたそうで4月からは再びアメリカに行って来るそうだ。

しかし私が19歳といえば上京して小さな音楽学校でやっと和声学だの、ソルフェージュだの、ピアノといえばバイエルを習い始めた歳である。もちろんジャズのジャの字も知らなかった。

ライブの後、彼を送りがてら一緒に軽くメシを食った。嬉しいことに彼は赤ワインを付き合ってくれた。なぜ嬉しかったかって、我がファミリーで飲むのは私だけなので、いつも一人で酔っぱらって、ひんしゅくを買ってるからである。

やがて彼のホッペもうっすらと赤くなって19歳なりの彼の人生を語る姿を見てなんとも嬉しかった。

こんな風に思うというのもちょっとチャンジー入って来たかな~。と日記には書いておこう。 
(チャンジー=爺ちゃんの逆さ言で年寄り臭いという意味にも使う)

« マスク(2/27改訂) | トップページ | 御当地?外国ジャズ・ミュージシャン »

★・・・と日記には書いておこう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148551/6710613

この記事へのトラックバック一覧です: 19歳の天才ピアニスト:

« マスク(2/27改訂) | トップページ | 御当地?外国ジャズ・ミュージシャン »