« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

2005年3月18日 (金)

マスクのゴムひもの話

花粉症とは思ってなかったが思い返してみると3年ほど前からプチ花粉症デビューしてしまったようだ。とくに朝のクシャミ鼻水がすごい。
マスクをすると楽なので超立体マスクは前にも書いた理由でしないが朝から普通のマスクをしている。
ところが夕方仕事に出る前、鏡に向かうと顔の頬にマスクのゴムひも痕がくっきりついてしまう。
この痕がナイフでスッと切られたような傷痕に見えて困るのだ。この痕は時間が経てば消えるが今もうっすらと残る消えない痕もある。
子供の頃、裏の家の悪ガキに包丁で頬を切られた痕である。今考えるとゾッとする話。
あいつ何処に行っちゃたのかな~。と日記には書いておこう。

2005年3月 5日 (土)

御当地?外国ジャズ・ミュージシャン

ミュージシャンが如何にバカバカしい事を考えて生きているかという一例である。(なお、新しいネタが思いついた場合には更新の可能性あり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
①大阪のピーターソン【オスカー・ピーターソン】 
②江戸のシグペン【エド・シグペン】 
③関東のベイシー【カウント・ベイシー】 
④佐渡のジョーンズ【サド・ジョーンズ】 
⑤水戸のジャクソン【ミルト・ジャクソン】
⑥水戸の納豆アダレイ【ナット・アダレー】
⑦松戸のデニス【マット・デニス】
⑧安土(あづち)のシェップ【アーチ・シェップ】
⑨呉のミラー【グレン・ミラー】
⑩宇治のハーマン【ウディー・ハーマン】

以下、伊原康二(P)様より投稿(06.3.3)
⑪利根のベネット【トニー・ベネット】
⑫木曽のジャレット【キース・ジャレット】
⑬大網冷凍人間【オーネット・コールマン】

****番外編*****
◎青い顔したブルー・ミッチェルに赤い顔したレッド・ガーランド
◎上(じょう)のジョーンズに下(した)のウォルトン
   【ジョー・ジョーンズ&シダー・ウォルトン】
◎地味なスミスに派手なデフランコ【ジミー・スミス&バディ・デフランコ】
◎何か、くれやーフィッシャーに何かある?ハインズ
   【クレアー・フィッシャー&アール・ハインズ】
◎デブのブルーベックにスリムなスチュワート
   【デイブ・ブルーベック&スラム・スチュワート】
◎下痢のピーコックに便秘のウェブスター
   【ゲイリー・ピーコック&ベン・ウェブスター】
◎ソニーのロリンズにビクターのフェルドマン
   【ソニー・ロリンズ&ビクター・フェルドマン】
◎仮面のマックレーに能面のシモンズ
   【カーメン・マックレー&ノーマン・シモンズ】
◎十九のエリントンに喜寿(きじゅ)のジャレット
   【デューク・エリントン&キース・ジャレット】
◎スコッチのジョプリンにビールのエバンス
   【スコット・ジョプリン&ビル・エバンス】
◎パン屋のチェット[ベイカ(リ)ー]に洋服屋のビリー[テイラー]
◎いい男、ベニー[グッドマン]にただの男、ハービー[マン]
◎ローランドの花さんにメルのトメさん
   【ローランド・ハナ&メル・トーメ】

****おまけにバンド用語(数字編)*****
1=C=ツェー 
2=D=デー 
3=E=イー(ドイツ読みならエーであるが何故か英語読み) 
4=F=エフ
5=G=ゲー
6=A=アー
7=H=ハー(英語だとBになる)
8=オクターブ
9=ナイン(いきなり英語読みになってしまう)

使用例
98,765=ナイン万・オクターブ千・ハー百・アー十・ゲー と読む 
43,210=エフ万・イー千・デー百・ツェー十

更にひねった問題:汽車に乗ったミュージシャンが3万円のギャラをなくした。さて、そのお金は今どこにあるでしょう? 答え:山の中
理由:小学唱歌の汽車を唄うと「いーま(イー万)は山中、今は浜、今は鉄橋渡るぞと・・・」
この問題のバージョンアップ版:汽車に乗ったミュージシャンが9万円のギャラをなくした。さて、そのお金は今どこにあるでしょう? 答え:山の中に3万、浜に3万、鉄橋を渡る手前に3万円。理由:「いーま(イー万)は山中、いーま(イー万)は浜、いーま(イー万)は鉄橋渡るぞと・・・」あまりにもバカバカしい話になってしまいました。

2005年3月 1日 (火)

19歳の天才ピアニスト

先週末(2/26)SWING CITY に天才ピアニスト、松永貴志君が遊びに来た。前回彼と会ったのは確か2年ほど前だと思うが相変わらずノビノビしていた。
なんでも1ヶ月ほどヨーロッパを旅してたそうで4月からは再びアメリカに行って来るそうだ。

しかし私が19歳といえば上京して小さな音楽学校でやっと和声学だの、ソルフェージュだの、ピアノといえばバイエルを習い始めた歳である。もちろんジャズのジャの字も知らなかった。

ライブの後、彼を送りがてら一緒に軽くメシを食った。嬉しいことに彼は赤ワインを付き合ってくれた。なぜ嬉しかったかって、我がファミリーで飲むのは私だけなので、いつも一人で酔っぱらって、ひんしゅくを買ってるからである。

やがて彼のホッペもうっすらと赤くなって19歳なりの彼の人生を語る姿を見てなんとも嬉しかった。

こんな風に思うというのもちょっとチャンジー入って来たかな~。と日記には書いておこう。 
(チャンジー=爺ちゃんの逆さ言で年寄り臭いという意味にも使う)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »