« 御当地?外国ジャズ・ミュージシャン | トップページ | コーラス »

2005年3月18日 (金)

マスクのゴムひもの話

花粉症とは思ってなかったが思い返してみると3年ほど前からプチ花粉症デビューしてしまったようだ。とくに朝のクシャミ鼻水がすごい。
マスクをすると楽なので超立体マスクは前にも書いた理由でしないが朝から普通のマスクをしている。
ところが夕方仕事に出る前、鏡に向かうと顔の頬にマスクのゴムひも痕がくっきりついてしまう。
この痕がナイフでスッと切られたような傷痕に見えて困るのだ。この痕は時間が経てば消えるが今もうっすらと残る消えない痕もある。
子供の頃、裏の家の悪ガキに包丁で頬を切られた痕である。今考えるとゾッとする話。
あいつ何処に行っちゃたのかな~。と日記には書いておこう。

« 御当地?外国ジャズ・ミュージシャン | トップページ | コーラス »

★・・・と日記には書いておこう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148551/6710617

この記事へのトラックバック一覧です: マスクのゴムひもの話:

« 御当地?外国ジャズ・ミュージシャン | トップページ | コーラス »