« 職業音楽家 | トップページ | 最近の犬猫様のお食事事情 »

2008年4月 6日 (日)

嬉しいお言葉

昨日のライブで1stステージが終わり、店の中が満員のお客さんの熱気で息苦しかったので表に出た。

すると、私と同様に店の中から出てきた笈田敏夫さん似の白髪のお客さんにお褒めの言葉を頂戴した。

その方いわく、歌伴の間奏で盛り上がった後、歌が入って来た所でダイナミックスをぐっと下げた所に大感動したそうだ。

このようなところを聞いて下さるお客さんがいるという事は私にとって誠に嬉しいことであります。そもそも歌というものはデリケートな存在でありまして特にバックの音の大きさが歌い手のコンディションに大きな影響を与えるのであります。

小林桂がエディー・ヒギンズの伴奏で仕事をした時の感想を「自分の声が聞こえ過ぎて恐くなるくらい小さな音で伴奏してくれた」と言っていた。

私も歌伴をするたび、息子の話のことを心がけているつもりだが昨日の客さんの言葉で報われた。・・・・・・と日記には書いておこう。

« 職業音楽家 | トップページ | 最近の犬猫様のお食事事情 »

★・・・と日記には書いておこう」カテゴリの記事