« 2008年4月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

とあるコンサートにて

先日、アレンジャー&ピアニストM氏のコンサートの業界向け宣伝メールが届いた。

M氏は私の尊敬する方であり企画も興味深いものだったので早速ネットでチケットを購入して聴きに行った。

オケの編成はストリングスが恐らく15人程で木管、金管、打楽器が合わせて8人程だったろうか。驚いたのは全員若い女性奏者なのだ。ステージが始まる前に様々な色のドレスを着た若い女性奏者が出てきただけで場内からどよめきが起こった。

そういえば中国女子十二楽坊のヒット以来、クラシックの世界も若くてかわいい女性奏者にきれいな衣装を着せて売る?のが流行りだして数年たった。

今回の企画も遅ればせながらこの路線というのは隠せない感じだった。感想といたしましては見たところ聴いたところ音大生も混じってるんじゃないの?・・・・・でした。

近年は金管楽器も女性奏者が多くなってきているようでありますが、今回の場合真っ赤なドレスを着たトランペッターが頑張ってましたが・・・・・ウ~ん、これ以上は言えません。というのも一部はルロイ・アンダーソン生誕100年を記念して彼の作品の数々を演奏したので有名なトランペットが活躍する曲も当然演奏したわけです。

ちなみに私はこの作曲家がとても好きでありましてポップス・オーケストラの原点であり和音進行、バックグラウンド、全てジャズに通ずるものがあり、まさにアメリカンサウンドであります。

また近年は打楽器すなわちパーカッション流行りでジャズ、Jポップとあらゆるジャンルでバンドにパーカッションを入れることが多いようでありますがルロイ・アンダーソンの曲にはこのパーカッションを実に見事に使った曲が多いのです。

私はパーカッションの使い方の定義をアンダーソンのようにスコアー上でオーケストラ的な一部として計算して使う(クラシック的発想)というのが理想と考える。

土台から積み重ねて計算して作られた楽曲に打楽器奏者からだけの解釈で後付け、上物的扱いで打楽器を重ねる事はともすると音楽のバランスを崩す可能性が無きにしも非ずであるからである。

また過去のクラシックの作曲家達は現代ならデジタルで合成して作り出す音色というものを本当の楽器の重ね方によって表現してきたのだ。そしてそれらを楽譜というものに残してくれたお陰で今に至っているわけだ。

先日もテレビでオリジナルを作って歌うJポップのシンガーの話が紹介されていたが譜面などは書かず、とにかくPCに入力したデータを切ったり貼ったりして作っていた。

一見、音を振り返りながら組立てていくので良い方法かとも思いきや、以外と歌いやすい方向、弾きやすい方向だけへ知らず知らず傾いている場合がある。これをその人の個性と言えば個性と言えるのかもしれないが作る以上は自分に対するハードルを少しは高く持ちたいものだ。

譜面といものは何百年も前から音楽の内容を伝達する画期的なものとしてだけでなく音楽を論理的に考える最高の道具だと思う。

話は少しそれるが、とかく日本は世の中で多く流れているサウンドの方が良い?多くテレビに出てる人が良い?みんながしてる同じ格好の方が良い?明らかにくだらないものであっても露出が多ければ有名だとか流行ってるだとかいって、まかり通る国でありますから、今更「本当に良い物とは?」なんて云ったってしょうがないが、デュークエリントンの名言「この世の中には、いい音楽と悪い音楽しかない。」・・・・こうでなくちゃ、と日記には書いておこう。

2008年5月26日 (月)

本当の仲間たち

誰しも調子の良い時、悪い時あるもんだ。テレビで女子バレーボールの試合を見ていても日によって選手一人一人の調子の違いを察することは出来る。

しかしチームプレイというものはそれをカバーしあってプラスの方向にもっていくのがベスト・チームワークというものであろう。もちろんメンバーの一人一人は個人であり違う事を考えていても当然であるが自己主張と調和を瞬時に判断して動かなければならないのである。

とかくミュージシャンは一匹狼で自己中心的なレッテルを貼られることが多いが実はバンドというのもチームワークがとても重要なのである。

昨年から途絶えていたジャズバー・エムズでの「進駐軍サウンド」すなわちトランペット・光井章夫さん(75歳)、テナーサックス・芦田ヤスシさん(79歳)、トロンボーン・河辺浩市さん(81歳)という大御所3管からなるバンドが復活とまではいかないが顔見せライブを行った。

昨年の今頃、脳梗塞をわずらい左半身が不自由になってリハビリ中のバンちゃんこと光井章夫さんも雨の中楽器を持って来てくれた。

アンサンブルを大切にする気持ちを人一倍お持ちの光井さんは自分が吹くことによって迷惑をかける事ばかり気にしているので長老の河辺さんが「俺だってひどい音だけど吹いてんだから・・・・・」と檄を飛ばす。

本来の光井さんの音からはまだほど遠いかぼそい音の演奏なのだが、もしその音がちゃんと出たらどういう音かはっきり見える演奏なのだ。つまり何が言いたいかはっきり分かるのだ。

演奏するときに「どう」表現するかの前に「何」を忘れてはいけないという事を改めて教えてもらった気がする。

そんな光井さんの演奏を何とかフォローしようと芦田さん河辺さんが最高に思いのこもったバックグラウンドで包む。

私は一緒に演奏しながら「本当の仲間たち」を見た気がする。と日記には書いておこう。

2008年5月14日 (水)

やっぱり殿は凄い!

ワタクシが月に二三回出演するお店http://www.jazzbar-ems.com/に時々通称「殿」さまが一応お客さんで※来てクラリネットをお吹きになりますが、昨晩も久しぶりにご一緒させて頂きました。 ※ワタクシ達はギャラを頂き、殿はお金払って最初から最後までまるで仕事のようにお吹きになるのであります。

なんたって殿様ですから敬語で書かせていただくわけです。 

殿の名はウィキペディア(Wikipedia)にも載ってる松平恒和(まつだいら つねかず )さん。

「早稲田大学国際情報通信研究センター客員教授。松平一郎・徳川豊子の三男。徳川宗家第十八代当主徳川恒孝(とくがわ つねなり)は実兄。1969年に学習院大学法学部政治学科卒業。

元KDDI常務取締役。ITUにおいてITU-SG3の議長をつとめた等、国際電気通信の制度・料金分野に関する専門家である。ジャズクラリネット奏者としても活動しており、各地のライブハウスなどに出演している。」

と書いてある凄い人なのだがクラリネットの演奏がまた素晴らしい。

さらに私も及ばない耳を持っている。っといっても耳は二つか付いてない点では私と同じであるが知らない曲でもコードを聴き取ってディスコードせずに吹いてしまうのだ。

さらに人脈が広く、お客さんで来てくださった殿の演奏をさらに聴きに来てくれるお客さんの多さも凄いのであります。まったく頭が上がりません。

「殿との演奏嬉しども仕事終わって頂くギャラの恥ずかしさ」と日記には書いておこう。

猫えさの配合比変更??

千代子の缶詰の混ぜ方が変わりました。と言ったってこの頁を見てしまった人には何の関係もない話であります。

080514_090701 080514_090501

まず一つ目の缶詰を「2分の1」器に入れる。

080514_090702_2 080514_090901_2

この缶詰は今まで「3分の1」でありましたが「4分の1」になりました。

以上この2缶を混ぜ合わせて出来上がり。

出来上がった缶詰をほんの少しだけサブちゃん(犬)のえさにまぶすのもお忘れなく。・・・ったって誰に言ってるの?

2008年5月 5日 (月)

ピアノトリオ

私はどちらかというと歌のバックのアレンジ、演奏の仕事を主にしてきた。

そんなわけで実はボーカルなしのインストというのが今更ながら苦手なのである。ところが先日とあるライブにて息子のドラムとベースのハッちゃん(佐藤ハチ恭彦)とやったトリオは自分が力まずに弾けて実に気持ちが良かった。

息子も歌うときにドラムにあおられると歌えないと語っていたが私もビシバシあおられるとマイペースで弾けなくなり、ついつい力が入ってしまうのが常だ。

その息子が立場は変わってピアノのバックにまわる訳であるから音量のバランスは理想的である。もっとも音楽の内容がスタンダードをデリケートに演奏しようというのだからエド・はるみいわくグ~~~・・・・と日記には書いておこう。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年7月 »