« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月23日 (火)

反省!及び母娘のいい話

小林桂と私のピアノ一本だけで仕事をすることはたまにあるのだが恐らく10年近くソロピアノの仕事はしていなかった。

そもそも私がピアノの仕事を始めたのはソロピアノで苦手ではないのだが一人で弾くのと二人以上でアンサンブルするのとでは神経の使い方が異なる。神経といっても気を使うというよりも耳の使い方(聴き方)であるが相手によってはホントに気を使わせられる場合もある。

長年ソロだけやってるとベースやドラムのリズムに乗ったり反応するのが下手になるしバンドだけでやってるとソロピアノの場合の右手と左手のコンビネーションの感が狂ってしまう。

そんな訳で昨日の銀座のジャズバー・エムズでの私の演奏は(私的には)最低でありました。すなわち右手と左手と神経の力配分に失敗したのであります。この場合の神経とは自分ともう一人の自分及び感情と理性みたいなもののバランスであります。具体例としてはテンポキープがNGでありました。(歌の伴奏は多分OKだと思っているが)

しかしステージ後半に店主でありボーカリストの影山ミキ様が出てきてくれると我に返って気持ちよく弾けるのが不思議でありました。自分で言うのもなんだけどやっぱり歌の伴奏が好きなんだなぁと思うのであります。(歌手はどう思ってるか分かりませんが・・・)

私的にはメチャクチャでありましたがとても微笑ましい出来事もあったので救われた。

それは前から良く来てくれる女性Yさんの話。先日違うお店でYさんに会った時、「娘の誕生日が12月24日なので2日早いけどソロピアノの日にハッピー・バースデイを演奏してもらえないか」という話だった。

どうせだったら私が弾くというよりはミキ様に歌ってもらったほうが盛り上がるので頼んで歌ってもらった。すると祝ってもらった娘ではなく母親の方が泣いていた。なんていい母娘なんだろう。日頃、演奏する事くらいでしかお祝いしてあげられない私達にとっても嬉しい話だ。・・・・と日記には書いておこう。

2008年12月 9日 (火)

馬生さん

ワタクシ定期的に血圧と中性脂肪の薬をもらうのに医者に通ってます。

担当の先生が今まで行ってた新宿の病院から大塚の病院に変わったので新宿で違う先生に診てもらうか大塚で今迄の先生に診てもらうか選択しなければならなかった。

新宿の病院は駅から少し遠かったが大塚は駅から非常に近いので病院を変えることにした。

本日何十年ぶりで大塚という駅に降りた。今まで通ってた病院より小さく古かったが結構繁盛してた。(病院の場合こういう言い方はしないのかな?)

待合所の掲示板を見てびっくり、つまり来年から私の先生がそこの院長になるとの事。(それで読めた)まあ、何かの縁でその先生が私の担当になったわけだから大塚までついて行きましょ。

昼過ぎ病院で検査を済ませて駅まで戻ってきたのだが大塚は池袋の隣である事に気づいた。普段来ない池袋であるが池袋と言えば「池袋演芸場」があるではないか。それに以前と違い、昼夜入れ替えなしになったので気軽に行けるという事で池袋下車ということに相成った次第。

私は高座の上じゃないところで噺家さんに会ったことがあるのは金原亭馬生さんだけである。銀座のライブハウスに来て下さった馬生さんに紹介して頂いたことがあるものの落語を聞いたことがなかったのである。

ラッキーな事に池袋演芸場、昼の部主任が馬生さんだったのだ。噺は「黄金餅」だったが非常に上品な古典だった。

しかし、もっと驚いたことがある。それは客席最前列に座った私の位置から見る馬生さんの顔が声は違うけれど死んだ私の親父にそっくりだったのだ。顔を見てるだけで親父に会えたような幸せな気分になれた。・・・・と日記には書いておこう。

2008年12月 7日 (日)

題名のない音楽会

日曜の朝は犬の散歩の後にこのテレビを見る事が多い。

今朝はジャズピアニスト・作曲家である谷川賢作さんとそのお父さんであり詩人の谷川俊太郎さんのコラボレーションをやっていた。

久し振りに良いパフォーマンスを観た(聴いた)。谷川賢作さんのプロフィールを見ると私が習って後に講師になったジャズスクール出身で更に私もアレンジを習った佐藤允彦さんが師匠である事が判明。(だからどうした?)

彼のピアノとフルート・オーボエ・クラリネット・ファゴットという木管4重奏のサウンドが新鮮だった。というのも、そもそも私は中学高校と6年フルートを吹いていたのだが最近はストリングスに興味を持ったせいもあって木管アンサンブルのサウンドを忘れていたのだ。

いや~弦も良いけど木管も良いなぁ~。また、最近日本語の詩というものを扱わなければならない事もあり、世の中の日本語の曲の詩に耳を傾けるようにしていたので非常に感動した。例によってまたCDをアマゾってしまった。

本日購入のCD代金は研究費と解釈しよう・・・・と日記には書いておこう。

冬が来た(今日この頃)

081205_092501 落ち葉の中を行く花子。

この季節、朝なんぞに外へ出ると涙が止まらないワタクシでありまして涙を拭き々散歩するのであります。(毎年同じ事を書いておりますが)

この枯葉達は風が吹くと上から降ってくるのです。あぁ~寒!

081204_231902 12月恒例のオフィスの流れ星電飾。

実は付いたり消えたりしてるので写すのにシャッターチャンスが難しいのです。

盲目なれど頑張る(動く)サブちゃん↓

「081107_114901.3gp」をダウンロード

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »