« 気分は夏休み | トップページ | 最近のお客様事情 »

2009年10月 9日 (金)

天国へ・・・・

心配された台風も去り、キンモクセイの花のにおい香る晴天の今日、ベーシスト横山諒一氏の告別式に行ってきた。

肺ガンが見つかってから2年半治療と演奏を続けてきたそうだ。本人は私などとは違って多くを語らない人だったので分からなかったが実は辛かったようだ。(当たり前か)

昨年の秋に同じ仕事で顔を合わせたのが最後になってしまった。しかし享年57歳とは早すぎる。きっと彼は一昨日の台風の風に乗って天国に向かったに違いない。

告別式の最後、お棺の蓋をする前にみんなでお花を入れつつお別れをするのだが故人の顔を見られるのも最後になるわけだ。この時、私の父が亡くなってからというもの、人は亡くなると魂は天国に行き、肉体だけが我々の目の前に残っているのだと思うようになった。

だからその故人の顔(肉体)を見ても悲しいというよりは「お疲れ様でした」という気持ちになるのである。・・・と日記には書いておこう。

« 気分は夏休み | トップページ | 最近のお客様事情 »

★・・・と日記には書いておこう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 気分は夏休み | トップページ | 最近のお客様事情 »