« 大バッシング・パート2! | トップページ | ツーショット »

2010年4月 7日 (水)

パクリン1001合奏団、第一回目ライブ

二週間ほど前から風邪をひき、最近ようやく良くなってきたが未だに鼻が詰まっていて何を食べても味がしない。

今回はその体調で二日間、息子の大阪ツアーにも同行しなければならなかったし4月3日の「パクリン1001合奏団」の初ライブの譜面書きもラストスパートに入らないと間に合わない状態だった。

仕事ははかどらず、毎度の事ながら時間があるにもかかわらず前から準備を始められない自分に情けなさを感じる日々であった。

4月3日前日の夜中三時までかかってやっと譜面が出来たが、私的には今ひとつ納得出来てなかったというのが本音。しかし現場処理に強いミュージシャンの集まりであるのでかなりカッコはつき、好評のうちライブを終了する事ができた。

なんたって企画が企画だけに一回のライブで相当曲数をクリアーしていかないと終われないのだ。そうなると当然メドレーも多くなるという訳で「これぞ究極のメドレー(A)」というタイトルのものを書いた。このメドレーは究極というぐらいであるから何曲入ってるかといえば9曲である。(分かるかな~?)

メドレーの中身は①Again ②Alexander's Rag Tme Band ③After You've Gone ④Ah! Sweet Mystery Of Life ⑤Ain't Misbehavin ⑥Alabamy Bound ⑦All My Love ⑧All Of Me ⑨All The Things You Are というもの。

April Showers ワタクシがインスト用に作ってあるアレンジを今回の編成に直したもの。

April In Paris と Among My Souvenirs をメドレーといってもステージ上でワタクシがメンバーに段取りを説明しつつ、つなげて演奏しただけ。

Autumn Leaves これは室内バンドのアレンジに手を入れたもの。

Anniversary Waltz と Anniversary Song アニバーサリー続きのメドレー。

ライブ会場であるジャズバー・エムズのオーナー影山ミキちゃんには我々の演奏したメドレーにも入っていたAin't Misbehavin と All Of Me 私が書けなかった Am I Blue? を歌ってもらった。

ラテンメドレーでAmapola と Amour。

怪しい曲 At The Cross-Roads と Avalon のメドレー。

アンコールには本来ハワイアンナンバーである Aloha Oe をSwing リズムで演奏した。

海賊版1001本の「A」で始まる曲中、今回 ALice Blue Gown と Apple Blossom Time 及び At Sundown の3曲が譜面の用意は出来ていたものの時間が足りず演奏出来なかった。

店の広さ、木の床等の条件とメンバー全員がマイクを使わない生音ととが合って素晴らしい響きになった。

演奏してるほうもバランスがとりやすく、聴いてるお客さん達も予想以上に楽しんでくれたようだ。

やっぱり、もうちょっと早く準備に取りかからないと・・・と日記には書いておこう。

0403_064

   

 

« 大バッシング・パート2! | トップページ | ツーショット »

★・・・と日記には書いておこう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大バッシング・パート2! | トップページ | ツーショット »