« 室内バンド20回記念! | トップページ | 終戦記念日 »

2011年8月 7日 (日)

楽譜というもの

昨日、上野ジャズインというコンサートに息子がビッグバンドと共演するということで本番を観に行ってきた。

私は自分でアレンジした曲を自分も参加して弾くことが多いので客席から聴くことがすくない。

今回4曲演奏した中の1曲だけ小川俊彦さんが亡くなる前に息子のためにアレンジしてくれた「Fly Me To The Moon」を入れたのだが、それを聴いていて今は亡き小川さんの書いた譜面が16人のメンバーによって音楽となって聴衆に届けられていると思うと涙が出てきた。

現代では作曲家とかアレンジャーは録音という手段で作品を残すことが出来るが古くは楽譜で残したものを演奏者の解釈や個性によって表現されるだけであった。

この違いは小説家が書いた小説を読み、読者がその活字、行間から様々な情景を思い浮かべたり、登場する人物の心を感じたりすることと、映画化された小説を観て映像と音、音楽すべてが同時に体感できてしまうことの違いに似ている。

クラッシックの作曲家やミュージカルの作曲家たちが書いた多くの曲が楽譜という音楽の活字を使って現代まで受け継がれ演奏されて来たことは作曲家にとって、想像もしなかった大きな喜びにちがいない。

ワタクシも死んだ後、私の譜面を演奏して喜んでくれる人がいたら本望・・・・と日記には書いておこう。

« 室内バンド20回記念! | トップページ | 終戦記念日 »

★・・・と日記には書いておこう」カテゴリの記事

コメント

昨日は ありがとうございました!!
昔 小澤先生のお宅におじゃましたとき
スコアを見て スコアとの会話をされている瞬間を見ました。
モーツァルトとの会話はできないけれど
楽譜を読みとくことで
コミュニケーションができるんだよね・・・って。

昨日の編曲を聞いて思ったのは
あぁ この編曲で いろんな人のセッションを聞いてみたいって!!

あのバンドだと あの歌手だと どうなるんだろう・・・って。
僕も同じ曲であっても
指揮者がちがったり オケが違うだけで
ついつい買っちゃうのですが・・・・。

あの編曲で いろんな方が どんな風に演奏してくれるのか
聞いてみたいです!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 室内バンド20回記念! | トップページ | 終戦記念日 »