« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

ちいさな幸せ

事務所の床タイルに敷かれた犬のおしっこシート。2匹の犬がここでするので毎朝取り替えるのだがこれは珍しい光景。120126_093501_3

なぜならば日頃はおしっこがシートからはみ出し、タイルの目地に沿って流れている事がほとんどなのにこの日は2匹ともシートに命中させているからだ。

はみ出している日、犬猫世話係りとしては朝からモップで床を掃除しなければならない。したがってこの写真のような日はシートを取り替えるだけでいい「幸せを感じる朝」なのであります。

また我が家では朝、雨が降ってると犬の散歩に行かないので、これまた私にとって「幸せを感じる朝」であります。

ワタクシは好き好んで犬猫の世話をしてるわけでななく、ただ単に家人がやらないからであります。冬の朝の散歩はホントに寒くてつらい。夏は朝8時ともなるとアスファルトが熱くなりだすので早起きせねばならずこれまた辛い。

ですから犬がおしっこシートにちゃんとした朝と雨が降った朝は「幸せなら手をたたこう」と歌いながら手を叩いております。すると犬達が変な顔して私を見ております。

2012年1月27日 (金)

女装?デビュー

120127_211601

着丈といい、袖丈といい、袖口幅も短く袖のボタンが留められない。何を隠そうこれはホテルの女性スタッフ用ブラウスなのだ。

青森のホテルでの仕事、衣装はタキシードでチェックインした時に衣装バッグから出して部屋に掛けておいた。リハーサルを終え本番30分前になり、さて着替えようと衣装バックの中を見るとワイシャツが入ってない。

ホテルのフロントに電話して事情を話すと数分後、ホテルのスタッフが「本日、女性スタッフ用のものしかないのですが・・・・」といって持ってきてくれた。

見た限り「これは着れないな!」と思ったが恐る恐る手を通してみると写真のようになった。丈は短いがカマーバンドをすれば分からないし、上着を着れば袖口なんぞ出てなくたってかまわない。襟周りも狭いが蝶ネクタイで何とかごまかせた。

ただし本番直前で焦ってるうえにボタンが男と反対で留めるのに苦労した。ここのところカバンを自転車のカゴに置き忘れ、それを盗まれたりと、ドジが続いている。

実は青森に発つ前日、書類をもらいに税務署に行き経費の入った封筒を落とし、夜中に落としたことに気づき、出かける前に朝一で税務署に行くと幸いにも職員の人が拾っておいてくれて受け取ることが出来た。

朝飯がまだだったので帰りに立ち食いそば屋に寄ってそばを食い、今度は帽子を忘れ、慌てて戻るとまだ椅子の上にあった。

その後、青森に着くともちろん大雪だった。

120128_075701

120128_073201

まさに「きみまろネタ」を自で行ってる今日この頃・・・・・と日記には書いておこう。

2012年1月24日 (火)

大江戸温泉物語

という巨大な風呂屋(温泉施設)に台湾在住の長男夫婦が連れて行ってくれた。

場所はお台場、長男の運転でレインボーブリッジなんぞ渡って行くのだが、あいにくの雨模様。

途中で桂君と彼の友達とが合流して夕方6時過ぎに到着。6時からは昼より安いナイター料金のうえに今は8周年記念の割引で入れるとのことだった。更に友達が携帯クーポン割引を見つけてくれていてちょうど5人まで一人1,280円で入れた。

私の知ってる他の温泉施設は裸の上に直接ジャージの上下みたいな館内着を着られるパターンが多いのだがここは浴衣なので一応下着は着て浴衣を着るよう外国語でも掲示されている。

長男がやはり暑いので浴衣の下に着てるシャツだけ脱ごうとロッカールームに行くと中国人のお客が素っ裸になって浴衣の帯をフンドシのように締めようとしていたそうだ。

でもフンドシにしたら浴衣がはだけてどうにもならないであろうに、帯をしめる習慣がないから仕方ない話か。

さて久々に温泉を満喫して帰ろうと外に出てみると一面の雪。路面が凍らないうちに早く戻ろうということで長男の安全第一運転で無事帰ってきた。

まだまだ東京の寒さはつづくのだ・・・・と日記には書いておこう。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »