« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月28日 (火)

久々に嬉しい夜でありました。

ライブの感想などというものは滅多に書き残すことはないのだが昨夜(銀座SWING)のトリオは実に嬉しかった。

なにが嬉しいって私が弾くサウンドに佐藤ハチ恭彦(ベース)と井川晃(ドラム)のコンビが見事にフィットさせてプレイしてくれるのでサウンドが更に展開していくのだ。

アンサンブルの夫々の関係というものは楽器、場所、音響、何より各々のコンディションによって変化するものであるが昨夜の場合、私的には最高にやりやすく楽しかった。

面白いものでこれが聞く立場と演奏する立場、演奏する側でもそれぞれで感じ方は違う日も多々ある。

まぁ~、自分が楽しくなきゃしょうがないのである。自己満足万歳!そして佐藤ハっちゃん、井川ちゃん、有難う。・・・・と日記には書いておこう。

2012年2月 8日 (水)

インフルエンザ・デビュー!かな~?

先週の金曜日、朝から何となく空咳は出るが、喉も痛くないし、熱もないので昼は家の野暮用を済ませ、夜は仕事に出かけた。

ところがピアノを弾いてるうちに足先から手の指先まで冷えてきて、帰るころにはじっとしてると体がガタガタ震えるほどの寒気に襲われた。

熱は36度から38度の間を上がったり下がったりで苦しくはなく、いつもの風邪薬を飲んで二日間寝たのだが良くならなかった。

そのうち咳のために腹筋が痛くなるわ、腰が痛くなるわ、で病院に電話して症状を話すとインフルエンザの疑いがあるとのことで表玄関ではなく裏口(救急搬入口)から来院するようにいわれた。

検査の結果「インフルエンザA+/B-」と出た。担当の若い女医さんに「今回生まれて初めてインフルエンザにかかりました」というと「今日はもう5人目ですけど何人かそういう方いらっしゃいました」とのこと。

ニュースで今年は感染する人が多いと聞いていたが、まさか自分がかかるとは不覚であった。

しかし一回使っただけで治療が終わりという便利な「イナビル」という吸入粉末剤を処方され回復に向かっております。

女医さんの説明でインフルエンザは「タミフル」や今回の「イナビル」のような薬が無かった時代でも自力で治す人が多かった病気とのこと。

もしかしたら今までも医者に行かず、たちの悪い風邪だと思って直してたのかもしれない。

ということはインフルエンザ・デビューじゃない?・・・・と日記には書いておこう。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »