« 2012年9月 | トップページ | 2013年6月 »

「世にも優しく美しくハッピーな音楽会」第24弾終了!

前23弾は「マイ・フェア・レディー特集」が予告編になってしまいましたが、今回はその影も形も無いライブになってしまいました。いつの日か大メドレーを完成させたいと思っております。

●小林洋&ザ・室内バンド
(Pf/Arr)小林洋 (B)佐藤”ハチ”恭彦 (Ds)桂太鼓 (A.sax)宮野裕司
(Vln)小塚泰、杉浦清美、柳川ひろ子、高橋暁
(Vla)深谷由紀子 (Vc)橋本歩

13_2_3今まで原曲の説明などはしてこなかったのだが調べてみると我々が演奏してる曲の殆どは映画やミュージカルのテーマ曲、挿入曲であることが改めてわかった。

********* 1st **********

①Love Is A Many Splendored Thing (1955年映画「慕情」のテーマ)

②Tangerine(1942年映画「The Fleet's In」挿入曲)何年も前から演奏してるアレンジを室内バンド用に直した

③Waltz Medley 

(1)Fascnation(魅惑のワルツ)1957年のアメリカ映画「Love in the Afternoon(昼下がりの情事)

(2)Moon River/1961年、映画「ティファニーで朝食を」の主題歌 

(3)チムチムチェリー1964年、映画「メリーポピンズ」

(4)My Favorite Things/1965年、映画「サウンド オブ ミュージック」作曲リチャード・ロジャース作詞オスカー・ハマースタイン2のコンビによる最後の曲であり、オスカー・ハマースタイン2世の遺作 

(5)シャレード/1963年、映画「シャレード」

(6)Fly Me To The Moon(In Other Words)/オリジナルは1954年、ニューヨークのキャバレーで披露された。当初は『In Other Words』(「言い換えると」「つまり」の意味)と言うタイトルであり、元々は3拍子のワルツであった。その後、歌手のジョニー・マティスがこの曲に『Fly Me to the Moon』というタイトルを付けてアルバムに収録した。映画『スペース・カウボーイ』ではフランク・シナトラ版が劇中歌として使われた。

(7)エーデルワイス/1965年、映画「サウンド オブ ミュージック」

(8)白い恋人たち/1968フランスグルノーブルで行われた10回冬季オリンピック記録映画 作曲フランシス・レイ

(9)エデンの東/1955年 映画初主演となったジェームズ・ディーン1955930(満24歳没)

(10)Around the World(世界一周)/1956アメリカ映画八十日間世界一周

④When You Wish Upon A Star(1940年映画「ピノキオ」)

⑤Strike Up The Band(1924年ジョージ・ガーシュイン作曲)1940年ミッキー・ルーニーとジュディー・ガーランド共演の映画「Strike Up The Band」が作られた。

⑥The Last Ink Painting(最後の水墨画)亡き私の父に捧げて作った曲

⑦'Round Midnight(1972年セロニアス・モンク作曲)1986年米仏合作映画「'Round Midnight」デクスター・ゴードン(T.sax)主演、ハービー・ハンコックはアカデミー作曲賞受賞

********** 2nd *************

★恒例、小林桂のドラム叩き語りコーナー

①Let It Snow, Let It Snow,Let It Snow!

②My Funny Valentine

③Winter Wonderland

★再び小林桂が桂太鼓にもどって

④Seame Street(NHK1971~’82/ ’87~2004放送)

⑤Song Of The Birds(鳥の歌)1971年10月24日「国連デー」記念コンサートで94歳のパブロ・カザルス(Cello)が世界平和を願って演奏したカザルスの故郷カタルーニャ民謡

⑥Flamingo(1941年ミュージカル「Big Top」)

⑦Golden Earrings(1946年映画「Golden Earrings」)ビクター・ヤング作曲、マレーネ・ディートリッヒ(歌)

アンコール:Love For Sale(1930年ミュージカル「The New Yorkers」コール・ポーター作曲)曲の途中でエル・クンバンチェロが乱入してくる私の自画自賛作

« 2012年9月 | トップページ | 2013年6月 »